https://shinkyutsunagarukarte.seirin.jp/

登録スタートしていますよ。鍼灸院さんの検索登録も可能です。
セイリンさんは僕の中ではトヨタですから
(バイク業界だとホンダ)


セイリンから育った昔世代の私

鍼灸学校に行って(1993年ごろ)最初に使わせて頂いたのがセイリン寸3・1番の鍼でした。サンプル貰って嬉しくて嬉しくて、自宅で自分の足にちょこっと刺してみて、ふぉぉぉーっと興奮したのを覚えています。

初心者時代

憧れて夢見て取得した鍼灸師の国家資格でしたが、いざ取得してみると何でも出来そうで何にも出来ない自分に気づきます。

そりゃそうですよね。A5ランクの高級牛肉が手に入ったとて、レシピを知らないとただ焼いてタレをかけるしか能がないのと同じですからね。

刺せるのと刺して治せるのは例えると、笑われるのと笑わせるぐらい違います。

相手の身体を理解して必要な刺激量を考えて、提供する。言ってしまえば簡単なのですが、1000人が1000人皆さん違いますので、結局の所、経験値が必要かもしれません。

下積みのコツ

まずは最初先輩の鍼を片付けする下積みがあっても良いかもしれません。(いろんなパターンがあるので1例としてって感じ)

先輩の鍼を抜鍼して、回収BOXへという地味な仕事ですが、抜鍼しながら先輩のレシピを盗んでいくと、自分が盤(身体)のどこに駒を配置(鍼を配置)するか逆算して考える習慣が得られるので、真似から入るのも良いのではないかと思います。

仕事探しのポイント

最初は来院数が多くて求人件数も多い鍼灸整骨院が良いのでは?と思います。

まずは人と接する機会を増やして人見知り克服だったり、基本の所作をマスターすると良いと思います。

自費治療の先生の下で働こうと思うと丁稚奉公があったり、研修生期間が長かったりするのでよほどその先生の技術や人柄に惚れ込んでいないとという大変さがあると思います。落語家や講談師に弟子入りするぐらいの気持ちが必要かな?と思います。

あと面接の時に残業時間はどれくらい?とか社会保険の有無など福利厚生も確認してくださいね。(弟子入りだと期待は出来ないけれど)

結婚して子供がいる先生が在籍している鍼灸院・鍼灸整骨院の職場は基本的に手厚い待遇が見込まれます。

社会保険が無かったり、残業が多すぎるという事は運営面でカツカツかもしれないので、人間関係もこじれてきやすいですし歩合制、業務委託は傭兵って感じの働き方になってくるので、割り切って働くには良いのですが、初心者のうちは苦労すると思うので正社員での雇用を目指すと良いと思います。

じょうとう鍼灸整骨院の求人は?

私どもの職場では多様性を認める働き方を追求しています。例えば「専門性を高めたい、とにかく技術向上したいんだ」という方にはじょうとう鍼灸マッサージ院での勤務が合っていると思います。

未来予想図としては

①アシスタントから入って基本技術、接客接遇を学ぶ

②自費治療でデビュー、指名される治療者として学ぶ

③予約制の片翼を担っていく、蒲生4丁目を任されるあるいは新しい拠点で院長を経験する

④新規法人設立して治療と経営を学びつつ年齢を重ねても治療院が続けていける人生設計

という所を考えています。もちろん自立心が芽生えて自分でやってみたくなる事もありますので、独立も応援して生きます。
一緒に担いで頂いた神輿を自分の神輿に変えたとしても変わらず人生を支え合う仲間と出会う交差点でありたいと考えています。

勤務先紹介もしています

すでに扶養家族がいて、しっかり稼いでいかなくてはならない、自分で治療院をやってみたものの、うまく追い風に乗れなかったという方には支払い、家計の為の仕事もご紹介出来ます。
城東区や鶴見区、寝屋川市、門真市でのスタッフ募集している病院、鍼灸院、鍼灸整骨院との連携がありますので、鍼灸の仕事を手放さないで今までの経験を活用した仕事でこれからも頑張れるようお世話していきたいなと考えています。

つらつらと長く書いてしまいましたが、ずっとやってきた経験者にもソーシャルディスタンスというお題を頂きながら鍼灸師として働いていく難しい時代になっています。初心者ならなおさら難しい選択肢の中仕事選びをしていかねばなりません。もし何かお困りの際はご相談ください。鍼灸師として食っていける世の中であってほしいと願っています。