蒲生4丁目駅に一番近い鍼灸マッサージ院

ブログ(アーカイブ別)

おはようございます

sekki 2020年09月15日 カテゴリー: 腰痛

本日は10時スタート・12時放出へ出張マッサージ・14時から90分予約の予定です。本日は15時30分で院を終了させて頂きます。

明日16日17日水曜と木曜は昼から夕方が空いています。

18日金曜は夕方から夜の時間帯空いています。

19日土曜もまだ空いています。

よろしくお願いいたします。

治らないんですか?

sekki 2020年06月18日 カテゴリー: 腰痛

自分がどこか痛くなって病院に行きます
先生のお話で出てくるのが「それはもう年やから仕方ないわ」だったり「それについては基本的に治りません」という説明です。

医学について大変勉強されている医師から「治りません」と告げられると、痛くてモチベーションが下がっている事も相まって絶望的な気持ちになります。

話は少し逸れまして、長引く腰痛の80%原因は心因性のものだとされています。
精神的なストレスが脳の働きを低下されて、歯で言うところの知覚過敏みたいに
普段だったらこれぐらいの筋肉の緊張なんてこと無い、ぐらいの疲れや緊張でもセンサーがおかしくなってしまって、いやいやいやまだまだ痛いですよーとちょっと大袈裟といいますか、本来なら痛くない状態でも感度センサーの不調で痛い痛いと感じ取ってしまう事になります。

さて上記の医師から治らないと宣言されてしまったストレスと次に述べましたストレスが腰痛を悪化させる現象がMIXして、整形外科に行ってもなかなか治らない腰痛が完成してしまう事があります。

我々鍼灸マッサージ師はきちんと定期検診を受けておられる場合、医師のお陰で病気(解離性大動脈瘤、腎梗塞・腎盂腎炎・尿管結石、膵炎、消化管潰瘍など内臓疾患、乳癌・腎癌などの骨転移・硬膜外膿瘍・化膿性脊椎炎)について診察して発見して頂き除外された状態で来られます。

診察した上でなかなか治らない腰痛を今度は整形外科や整骨院など保健医療にこまめに通って、それでも治らない?どうして?という状態でようやく当方をご紹介頂くことになります。

最終的に慢性的にケアしているのに治らない、良くならないという方の場合、最初に説明したストレス軽減の為の治療と腰痛本来の治療をし、効果判定についても治るか治らないかという0or100だけではなく、緩和していったり改善していったりという、前向きな気持ちを持って頂く事がストレス軽減のコツかな?と考えています。

全然良くならなかったのに、治療したら全然楽だった。と仰って頂く場合、こういったバックグラウンドの効果があったり、マッサージで気持ちよかったりすっきり感が感じられたりという所からも心因的な要因が改善される事によって、神経の働きが回復して、腰痛そのものが改善する、という流れを考えています。

「あそこに行ったら腰痛良くなるで」を若い頃は褒められて嬉しくて、ワイの技術どんなもんや(若手意識)と勘違いしていた事がありました(恥ずかしい)

かれこれヘタクソながら25年いろいろ経験してきて、鍼灸マッサージ師に出来る事なんて医師がされている事に比べたら微々たるものだ。と認識しました。
重要な部分を見つけて下さって、日々の診察で大多数の腰痛を改善した上で、残る激レアさんを我々がどう治癒を目指すのか?という感じではありますが、どういう治療をするか?なんて患者さんからすれば関係なくて、良くなった身体。痛くない私の身体を目指しているのですから、ベストルートが案内できる、鍼灸マッサージ師でありたいと考えています。

6/17日に担当した80代の方がそういったところでいろいろ思うことがあり書いてみました。

中々良くならない時は一度球を投げるコースを変えてみてはいかがでしょうか?

じょうとう鍼灸マッサージ院は自費治療ですので保険医療をベースに考えてもらいたいとお話させて頂いております。現役の医師も数名来院頂いておりますゆえ医療現場に対するリスペクトをしっかりと持ち、保健医療の現場では中々時間に制限がある事を考え、傾聴、カウンセリングをしながらベースとなる鍼灸治療、あん摩マッサージ指圧においての基本手技を大切にしていきたいと思います。

TOPへ